介護職員初任者研修は通学制と通信制、どちらがいい?

通学制?通信制?どちらがいいの?

介護職員初任者研修は、130時間の講義の受講が義務付けられています。

ハローワークを利用した制度もありますが、多くの人が民間のスクールに入って受講しています。

受講形式は、通学制と通信制があります。どちらを選ぶかは多くの人が悩むところです。

通学制の特徴

介護職員初任者研修の講義130時間すべてをスクールで受講します。

130時間のうち学科は約50時間、実技演習80時間となります。

講義は、各スクールで決められたカリキュラムに従って受講します。

通学制の利点

・わからない点があればすぐに講師に質問できる

・志を同じくする仲間と勉強できるためやる気がでる

通学制の欠点

・カリキュラムに従って受講する必要があるため時間的制約がある。

・通信制に比べて費用がかかる

通信制の特徴

教材を使って自宅で学びます。しかし、すべての科目が自宅学習で学べるわけではありません。

車椅子やベットからの移動や介助の方法など、技術を要するものは実地演習で学びます。

130時間の学科のうち40時間を自宅での学習し、実技・学科の一部を含む残り90時間はスクールで学びます。

通信制といっても大半はスクールに行く必要がありますが、自宅学習の分だけ費用を抑えることができます。

通信制の利点

・通学制に比べ費用が安い

・自宅学習の時間があるためスクールに通う回数が少ない

通信制の欠点

・自宅学習でわからない点をすぐに聞くことができない

・自宅学習を自分のペースで進めなければならない

それぞれの長所短所をしっかり把握して選ぼう

通学制の大きな利点は、わからない点をすぐに講師に聞くことができる点です。同じ勉強をする仲間もいますので、モチベーションが続きます。

欠点としては、通信制に比べて費用が若干高いこと、カリキュラムが厳しいスクールだと仕事をしながら受講が難しい点などがあります。

この点はスクールによって違いますので、しっかり選べば負担の軽減が可能です。

通信制の大きな利点は、通学制に比べて費用が安く済む点です。

欠点としては、自宅学習を自分でしなければならない点です。勉強の管理やモチベーションの維持が大変になります。

また、通信制といっても90時間はスクールに通う必要があります。

費用はまちまち。キャンペーンをしているときもある。

介護資格のスクールは、実にたくさんあります。大手から小規模なものまでさまざまです。

それぞれ長所短所があります。最低でも3社は、資料を集めて検討しましょう。

通学制でも通信制並みに安いスクールもあります。

気になるスクールの資料を一度に請求できるサービス(無料)もあるますのでじっくり比べてみましょう。

http://gomalog.matrix.jp/gomalog/post-4370-4370

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です