アマゾンタイムセール中

【ユーカーパック査定まとめ】一括査定にはまねできないオークション形式のメリット

オークション形式の車の買取「ユーカーパック」

ユーカーパックは、業界初の「オークションで買取額が決まる」車の買取サービスである。

これまで問題の多かった車の一括査定と比べて「安心して車が高く売れる」ことを特徴としている。

オークション形式の特徴

  • 個人情報が守られる
  • 迷惑な営業電話が絶対に来ない
  • 査定は一度だけでOK
  • 一度に最大5000社が競合入札する
  • 手続きはユーカーパックがするからトラブルが起きない

ユーカーパックの良い点、悪い点を車の一括査定と比べながら紹介していく。

ユーカーパックのオークション査定

ユーカーパックでは個人情報が守られる

車の一括査定では、Webで申し込んだ個人情報は即座に加盟している買取店に送信される。

つまり、数百社に及ぶ加盟店すべてに個人情報が広がっていくことになる。

そのため申し込み直後からかかってくる、迷惑な営業電話が問題となっている。

一方、ユーカーパック査定では、申し込み時の情報はユーカーパックだけに送られ管理される。

ユーカーパックの個人情報の流れ

個人情報はユーカーパックが管理しており、他の業者に広がることはない。

もちろん営業電話がくることは絶対にない

その後のオークションでも、車両情報と申込者の都道府県、年齢、性別のみしか公表されることはないので安心である。

ユーカーパックでの査定は1回だけ受ければよい

車の一括査定では、査定は買取業者ごとに別々にしてもらう必要があった。

査定には1社あたり数時間かかるため利用者に大きな負担となっていた。また、現地で査定士が売却をせまる「押し買い」も問題となっていた。

ユーカーパックでは、利用者に負担をかけずに車の情報を得るため、査定を外部に依頼している。

査定といっても買取額を決めるのではなく、車の状態を調査するのが目的である。

ユーカー査定の様子

提携しているガソリンスタンドか、自宅の駐車場で査定を行われるこの査定はユーカー査定と呼ばれている。

ユーカーパックでの査定はこの1回のみであり、それ以後、実車を見せる必要はない。

この査定結果(車両情報)を使って、オークションに出品される。

ユーカーパックでのオークション出品準備

ユーカー査定で調べた車両情報とその時撮影した車両写真を使ってオークションに出品が行われる。

出品する際は、担当者と相談して「売り切り価格」を設定する。売り切り価格は、いわゆる最低落札価格であり、それより低い価格で落札されることはない。

安心してオークションに出品することができる。

ユーカーパックでのオークションは2日間

車両がオークションに出品されると買取業者だけが参加できるオークションが開催される。

出品後は、マイページで入札の状況をみることができる。

マイページ画面

ユーカーパックオークションの開催期間は2日間である。

ユーカーパックでのオークション落札

ユーカーパックオークションに希望落札価格の設定は存在しない。

2日間の間に、売切り価格(最低落札価格)を超えた業者の中から売却先を決めることができる。(必ずしも最高入札業者に売却する必要はない。自分で選ぶことが可能)

売切り価格(最低落札価格)を上回る入札がない場合オークションは不成立となり、出品がキャンセルされる。

最低落札価格以下でも売却希望があれば、入札した業者に売却することも可能である。

MEMO
その際、オークション入札時よりも高く買い取ってもらえるよう、ユーカーパックに交渉してもらうことができる

最低落札価格以上での入札が無かった場合

期間内に希望額以上の入札がなければ、オークションはキャンセルとなり再出品が可能となる。

担当者と相談して、売り切り価格の調整など行う。

もし、早く売りたいなどの理由があれば、売切り価格以下で入札した業者に売却することもできる。

売却先が決定したら

売却先を選んだら、ユーカーパックに連絡をする。売却先、車の引き渡し可能日などを伝える。

後日、売却に関わる書類が届く。決められた書類を郵送すれば、所有権の変更や売却に関わる書類などはユーカーパックが行ってくれる。

ユーカーパックを通して売却するから安心

車の一括査定では、査定サイトは買取業者を紹介するのみであり、その後は関与しない。そのため、査定から売却までの間で起きたトラブルは自分で解決するしかない。

特に査定後に査定額の変更を迫る業者や入金に関するトラブルが報告されている。

ユーカーパックの場合は

所定の書類がユーカーパックに届くと、売却先の買取業者がユーカーパックに入金を行う。

入金を確認するとユーカーパックからオーナーに連絡が届く。

その連絡を受けてから、オーナーは買取業者に車両を引き渡す。

買取業者から車両の受取連絡がユーカーパックに入ると、オーナーの指定口座に入金が行われる。

つまり、お金と車両のやり取りはすべてユーカーパックが間に入っている。そのため、トラブルの心配なく車を売ることができる。

ユーカーパックのデメリット

ユーカーパックは、従来の一括査定に比べてトラブルが起きにくく、安心して売ることでできる。

しかし、オークション方式ならではのデメリットもある。

すぐに売れない時がある

オークションであるため、落札されないと売ることができない。オークションの開催は2日間であるが、希望の価格に達しなければ再出品を行うことになる。

そのため、今すぐに売りたい人には向いていない。

どうしてもすぐに売りたいときは、売切り価格を下げたり、希望額以下でも売却を行うことで早く売ることも可能である。

従来の車の一括査定の問題点とユーカーパックの対策

ユーカーパックは、これまで起きていた買取側が有利な力関係とさまざまなトラブルを解消することを目標とした買取サービスである。

車の一括査定で起きるトラブルとそれに対するユーカーパックの対策を紹介する。

従来の車の一括査定で起きるトラブル

個人情報の流失

個人情報の流失

車の一括査定では、申し込みはWebで行う。

申込者の住所、氏名、電話番号、車両の情報などは、一括査定サイトだけではなく加盟しているすべての買取店に配信される。

加盟店は数百店に及ぶが、実際に買取依頼を行うのは数店~数十店程度である。つまり、不必要に個人情報が広がることになる。

迷惑な営業電話がかかってくる

迷惑な営業電話

車の一括査定では、申し込み情報は加盟店に配信される。

加盟店の担当者はその情報を元に申込者に電話をかける。いわゆる「営業電話」である。

申込者に早くアポイントをとった方が、本査定をしてもらえる可能性が高くなるため競って電話をしてくる。

電話は、申し込み直後から始まり、多いときは1時間で50件以上にのぼることもある。

申込者は、しつこい営業電話に対応する必要があるため、大きな問題となっている。

査定後の押し買いが問題になっている

押し買い

一括査定サイトで査定額を知るには、自宅駐車場で本査定を受ける必要がある。

査定は査定士が行い、数時間かけて本査定を行う。そのため、申し込み者にとっても査定士にとっても重労働となる。

もし、査定結果が希望額よりも低い場合は断ることもできるが、査定士から売却をせまられることがある。

これが「押し買い」である。

査定士も数時間かけて査定を行っているため、簡単に引き下がってはくれない。

根負けして、契約をしてしまうと希望より低い額で売却することになってしまう。

査定から売却までのトラブル

査定が終わり、後日書類での契約となるが、その間に査定額の減額を要求されるトラブルが起きている。

また、車を引き渡した後にいろいろ理由をつけて減額されたり、入金が約束より遅いなどのトラブルも起きている。

いずれも一部の業者だけではあるが、このようなトラブルが起きた場合は自分で解決する必要がある。

ユーカーパックのトラブル対策

ユーカーパックは個人情報を社内で管理

ユーかパックの個人情報管理

ユーカーパック査定では、申し込みの時の個人情報はユーカーパックで厳重に管理される。

その情報が加盟店に渡されたりすることはない。

オークションでは、入札業者に一部の情報が公開されるが、出品者の都道府県、性別、年齢だけである。

不必要に個人情報が広がらないため安心である。

ユーカーパックは営業電話がこない

ユーカーパックの電話連絡

従来の一括査定と異なり、ユーカーパック査定ではオークションで買取額が決まる。

そのため買取業者が直接連絡を連絡してくることはない。

また、買取業者は申込者の個人情報をもっていないため連絡してくることはできない

この二つの理由で、ユーカーパックでは迷惑な営業電話がくることはない。

電話がくるのは、オペレーターが査定日時を決めるためにかけてくる1回だけである。

ユーカーパックの査定は提携スタンドで1回だけ

ユーカーパック提携スタンド

ユーカーパックでは、車両の状態を見る査定は1回だけ行われる。

査定は、提携しているガソリンスタンドか自宅駐車場で行われる。

ユーカーパックタブレット

査定士は、専用のタブレットを使って査定を行うが、チェック項目が決められているため誰が行っても公平な査定が可能となる。

ユーカー査定評価表

査定士が調べた車両情報は、点数化されてユーカーパック本社に送られる。

ユーカーパック査定で実車を見せる「査定」はこの1回だけであるため、利用者の負担が大幅に軽減される。

ユーカーパックでは押し買いの心配がない

オークションでは、ユーカーパックが開催するオークションに出品する形になるため、買取業者と申込者が直接やりとりすることはない。

そのため、買取業者による「押し買い」がおこることがなく、安心して売ることができる。

ユーかパックが仲介するからトラブルがない

車を売る時は、高く売るだけでなく、トラブルに巻き込まれないことも大事である。

トラブルに巻き込まれると、嫌な思いをするだけでなく、貴重な時間が奪われてしまう。

ユーカーパック査定では、売り主(オーナー)と買い主(買取店)の間に常にユーカーパックが入る仕組みになっている。

MEMO
査定を行うガソリンスタンドへの連絡やオークション出品の手続きはもちろんのこと、落札後の書類の準備や名義変更、落札者からの入金の確認などトラブルの起きやすい手続きは、ユーカーパックが代行する。

そのため、初心者や女性の方でも安心して売ることができる。

ユーカーパックは高く売れる?

従来の車の一括査定では、複数の買取店に依頼して査定を行う。

何社も競合査定させることで高い査定額を引きだすことができるが、査定は数時間かかるため、最終的に3~5社くらいで競合させることが多い。

競合する会社がけた違い多いから高く売れる

一方ユーカーパックは、オークション形式であり、最大5000社が入札を行う。

競合する買取店は、多いほど買取額が上がるためユーカーパックでは高い買取額が期待できる。

ユーカー査定買取例

ユーカー査定買取額
出典:ucarpac公式HP

買取方式の違いが査定額のアップにつながる

ユーカーパックと一括査定の流れ

従来の一括査定では、一括査定サイト、買取業者、販売店それぞれに経費がかかっていた。

一方、オークション形式では、申込者がユーカーパックのシステムを使って直接出品するため、仲介業者が必要ないため中間マージンを減らすことができる。

その分の差額が、買取額のアップにつながっている。

ユーカーパックは高く売れない?

一部の口コミでユーカーパックは高く売れないとの情報がでている。

その理由として、買取店が実車をみて査定できない点を挙げている。しかし、提携スタンドにいる査定士は、訓練を受け、タブレットを使って公平に査定をしているため十分な車両情報を得ることができる。

また、買取店は査定士を派遣する必要がないため経費を削減でき、その分買取額を上げることができる。

ユーカーパックはストレスが少ない?

従来の車の一括査定では、ストレスを感じる場面がたくさんある。

しつこい営業電話

個人情報は申し込みと同時に広がってしまい、それを使って営業電話がかかってくる。時間もお構いなしにくるため大きなストレスとなる。

本査定では1社あたり数時間もの間査定に付き合わなければならない。また、希望額に達しなかった場合は、押し買いに負けないように断らなけれならない。

また、査定終了後にトラブルが起こることもあり、最後まで気が抜けない。

一方、ユーカーパックでは、電話はオペレーターからかかってくる1回だけであり、査定の日時と場所を決めればそれ以降はかかってこない。

また、査定は1回だけであるので負担は少ない。

オークションへの出品手続きや売切価格の設定は、煩雑であるがすべてユーカーパックが手伝ってくれる。

落札後の手続きや入金確認、車両の引き渡しまですべてユーカーパックが仲介するため、トラブルを心配する必要はない。

このように、ユーカーパックは利用者に負担にならないようさまざまな配慮がされているため、ストレスなく車を売ることができる。

ユーカーパックで車を売る前にしておくこと

ユーカーパックで車の売却を考えるのであれば、事前に

税金の支払い

自動車税は毎年4月に課税される税金である。都道府県によっては5月下旬に振込用紙が届くこともある。

また、ボーナスがでてから納める人も多い。

ユーカーパックオークションへの出品時点では、自動車税が納められてなくても問題ない。

しかし、落札され売却が決まったら、「自動車税納税証明書」が必要となるため早急に納める必要がある。

MEMO
すでに支払い済みの場合や余った期間の分の自動車税は返金されるため、早めに支払っておいても損することはない。早めに支払っておくのがおすすめである

車のローン残高を確認しておく

最近はローンが払いきれなくて手放す人も多い。

ユーカーパックオークションへの出品時は、ローンが残っていても問題はない。

オークションで落札された場合、売却金はローンの残りと相殺される。

売却金よりローンの方が多い場合は、売却時に残りをユーカーパックに支払う必要がある。

売却時に必要な書類を準備しておく

オークションで落札され、売却先が決まったら以下の書類が必要となる

  • 印鑑証明書
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 自動車納税証明書
  • 委任状
  • 自動車税還付手続き書類
  • リサイクル券
  • 返送書類チェックリスト

車両の引き渡しが遅くならないように、事前に用意できる書類はあらかじめ準備しておくことが望ましい。

売りたい期日から逆算して申し込む時期を決める

ユーカーパックはオークション形式であるため、申し込みから売却、入金までは約2週間が必要となる。

またオークションで再出品となればそれ以上の期間が必要となる。

そのため、急いで売りたい人は、早めの申し込みをお勧めする。

ユーカーパックで高く売るコツは

ユーカーパック査定では、提携スタンドでの査定によって車の状態が調査される。

その結果は点数化されて、オークションでの情報として公開される。

オークションで高値で売るためには、査定で高い評価をもらうことが重要である。

査定を受ける前にやっておくべきことを紹介する。

ボディの傷の修理はケースバイケースで

ボディの状態は、査定の結果を大きく左右するが、状態によっては何もしない方が良い時がある。

査定前に直す傷とそのままにする傷

ボディについた擦り傷などの軽微な損傷は、コンパウンド入りのワックスなどできれいにすることができる。

安価に行うことができるので査定前にしておこう。

一方、小さなへこみなど専門店での修理が必要な損傷は、修理をしないほうが良いことがある。

それは、修理によるオークションでの査定額アップよりも修理費の方が高くつくことがあるからである。

ボディと車内はきれいにしておこう

ユーカーパック査定では、車両の状態を調べるだけでなく、オークション出品に使う画像の撮影を行う。

車のボディは印象を大きく左右する。洗車してワックスをかけておくことで写真写りが良くなり高評価につながる。

室内は、私物は無いようにして最低でも掃除機はかけておこう。

室内は明るい方が綺麗に写るため、午前中から昼までの査定がおすすめである。

車の純正部品、付属品はそろえておくとgood!

お金をかけて車をカスタマイズしていたとしても、それは必ずしも高評価につながらない。

逆に、もともとついていた純正部品があると評価が高くなることがある。

査定と純正部品

純正のホイールやシート、ナビゲーション、車の整備手帳、取り扱い説明書などがあれば忘れずに準備しておこう。

ユーカーパックは安心して高く売れる

ユーカーパックは、オークション形式で買取額が決まる新しいタイプの買取サービスである。

安心して高く売るというコンセプトが好評で、利用者はどんどん増えている。

特に以下の人にはぴったりの買取サービスと言える

  • しつこい営業電話を受けたくない
  • (査定士と)交渉するのが苦手
  • 査定に時間をとられたくない
  • トラブルに巻きこまれたくない
  • 申し込みから入金までトータル2週間は待てる
  • オークションで売ってみたい
  • 高く売りたい

これから車を売りたい人、買い替えを考えている人は、ユーカーパックをぜひチェックしてみよう。

ユーカーパックをチェックする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください