アマゾンタイムセール中

ついにWistikiのアッハ(aha!)が届いた !Voila(ヴォワラ)に続いてレビュー

Wistikiのアッハ(aha!)をレビュー

MotionGalleryが募集した「Wistiki by Strackコレクション」で申し込んだ3つのデバイスのうち、Voila(ヴォワラ)に続いてaha!(アッハ)が届きました。

以前届いたVoila(ヴォワラ)は2016年5月に届く予定でしたが、大きく遅れて2016年9月に届きました。

やっと、Wistiki(ウィスティキ)が届いたので早速レビュー。ちょっと残念な部分もあり:追記あり

今回届いたaha!(アッハ)も2015年の年末に届く予定でしたが、やっと今日(2017年3月29日)届きました。

使い勝手は、Voila(ヴォワラ)と変わりませんが、簡単にレビューしていこうと思います。

やっと届いた!! aha!(アッハ)レビュー

前回のVoila(ヴォワラ)は黒猫ヤマトのメール便での郵送でしたが、aha!(アッハ)は航空メール便(?)のようなものでパリから直接届きました。

中身は、前回同様シンプルです。aha!(アッハ)の箱と発送が遅れたことに対するお詫びの手紙でした。

箱はとても上質です。箱のふたは磁石で閉まるようになっています。おそらく一度出したら箱は使わないような気がしますが・・・。ここもMade in Franceのこだわりでしょうか??

中を開けると、ついに待ちに待ったaha!(アッハ)とのご対面です。

第一印象は「でかい!」でした。そういえばVoila(ヴォワラ)のときもそうでした(笑)

500円玉と比べるとこんな感じです。

さらに横からみると結構厚みがあります。

ボールペンの太さくらいあります。重くはないですが、かなり分厚いです。

箱の中には設定方法が記載されています。印字されているQRコードでアプリをダウンロードして設定します。

一緒にaha!(アッハ)をぶら下げるためのワイヤーが同封されていす。接続部はネジ式になっているので、信頼性は高そうです。

Voila(ヴォワラ)は鍵につけていますが、aha!(アッハ)はかばんにつけてみようと思います。

使い勝手はVoila(ヴォワラ)と同じですので、気になる方はVoila(ヴォワラ)のレビューをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください