アマゾンタイムセール中

運動をすれば身長が伸びる?身長に必要な刺激と栄養素

部活などスポーツをがんばる子供達にとって身長は大きな悩みです。

運動神経ももちろん大切ですが、背が高ければ有利になることが多いからです。

スポーツをすると身長が伸びる?

昔から「バスケをしている子は背が伸びる」と言われます。

本当でしょうか?

バスケをしていたから背が伸びたのでしょうか?

もともと背が高いからバスケをしているのでしょうか?

もうこれは、ニワトリの卵が先か?親鶏が先か?に近いものがあります。

運動が身長に与える影響

運動による刺激が骨端線を活発にする

身長が伸びるとき骨はどのようにして長くなるのでしょうか?

全体がびよーんと伸びるわけではありません。

MEMO
骨の両端には骨端線という部分があります。ここは軟骨と呼ばれるやわらかい組織でできています。(骨端線は成長線とも呼ばれます)

ここから骨が作りだされることで骨が伸びていきます。

骨端線では骨のもととなるカルシウムとリンを使ってどんどん骨を作り出します。


      出典 yasesoku.2chblog.jp

運動が成長を促進する!

そこで重要なのが、運動による刺激です。骨端線は骨(長骨)の両端にあります。関節にも近いため運動による刺激を受けやすくなっています。

骨端線は刺激をうけることで働きが活発になっていきます。

また、運動後は下垂体から成長ホルモンが分泌され骨端線を活発にすることがわかっています。

どんなスポーツがいい?

骨端線は関節の近くにあるため、どんな動きでも刺激されます。しかし過度の負担は骨端線を痛める可能性があります。

継続的に刺激をするのであれば、ランニングや軽いジャンプなどが最適です。

筋肉はつけすぎないほうがいい

スポーツに筋肉は重要ですが、がっちりとつけすぎてしまうと骨が成長しにくくなります。

骨が伸びるときは、まわりの組織も引っ張られ伸びていきますが、筋肉が多すぎるとうまく伸びないためです。

それに加えて筋肉の成長にタンパク質が多く使われると、骨の成長に必要な分が不足してしまいます。

骨の成長には適度な運動とアスミール

骨の成長に必要なのは適度な骨端線への刺激と十分な栄養です。

骨の成長に必要なのはカルシウムだけではありません。

カルシウムは骨の材料となりますが、体に吸収させるにはマグネシウムリンなどの成分も必要です。

しかし普段の食事だけでは十分にとることはできません。

そこで多くのスポーツ選手や成長期の子供が利用するのがアスミールなどの成長補助食品です。

アスミールは効率よく栄養が取れる!

アスミールは骨の成長に必要なカルシウムだけでなく、マグネシウム、リンなどが簡単に補えます。

それに加え、骨端線の活動を活発にする成長ホルモンのもととなるアルギニンも配合している画期的な栄養補助食品です。

適度な運動と併用することで大きな効果が期待できます。

アスミールの詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください