生理のときにおならがでる原因と解消法。おならを止める生活習慣。

生理とおならの関係

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

女性にとって月に一度の生理には、さまざまなトラブルがつきものです。

トラブルの中でも多くの人が悩んでいるのが、「おなら」です。

生理前に増えるおなら理由と臭いの原因、解消法を紹介します。

 おならの仕組み

口から入った食べ物は食道、胃、十二指腸を通って消化され、最終的に大腸に集まります。大腸では、カスになった食べ物が細菌によって発酵しさらに分解されていきます。

その時発生するガスはおならの一部になります。

MEMO
血液中に含まれるガスは腸管の壁から放出され腸に貯まります。これもおならの一部です。その他に、物を食べる時に一緒に飲み込んでしまう空気もおならとなります。

お腹にたまるおならの割合は、飲み込む空気(70%)>血液からのガス(20%)>発酵によるガス(10%)となります。

 おならの臭いの原因

大腸で分解される食べ物のうち、肉類などの動物たんぱく質由来にするものは発酵すると強い臭いを放ちます。

このガスには、硫化水素やスカトールなどの成分が含まれ、おなら臭の主成分となります。

そのため、胃腸の動きや機能が弱っていたり、硫黄成分のもととなりやすいニラやニンニクなどを食べ過ぎると臭いが強くなります。

 おならの回数を減らすには

おならの回数を減らすにはおならの量を減らす必要があります。

まずは、ゆっくり食べることを心がけましょう。

早食いをすると一緒に空気を飲み込みやすくなり、おならの量を増やすことになります。また、炭酸飲料を飲みすぎても多くのガスを飲み込むことになります。

最近、炭酸水を飲む人が増えていますが、飲みすぎには注意しましょう。その他にもガスの原因となりやすい肉類ばかりではなく、植物由来のものも多く食べましょう。

 おならの臭を少なくするには

一番大切なのは、肉類を食べ過ぎず野菜類も多く食べることです。野菜由来であれば、発酵しても匂いは強くなりません。といってもイモや豆を食べ過ぎるとおならが増えるもととなります。

その他に、乳酸飲料を多く取ることが効果的です。普段から肉類を多く食べる人の腸内環境は、悪玉菌の割合が多い傾向にあります。

ヤクルトやヨーグルトを日常的に食べていれば次第に善玉菌が増えて臭いが少なくなります。しだいに、生まれたての赤ちゃんのうんちの様に乳酸菌由来の甘酸っぱい匂いになります。

もちろん、2~3日では腸内環境は変わりませんので、気長に続けることが大切です。

 生理前、生理中におならが増えるわけ

毎月やってくる生理は女性の体にとっては、大きなイベントです。

排卵を終えると、ホルモンの一種であるプロゲステロンが増加します。

MEMO
女性の体は受精・妊娠・出産に向けて準備を始めます。栄養や水分を体内に蓄えるため、余計なエネルギーを使わないようになります。さらに代謝機能が抑えられ腸管の動きも弱くなります。

そのため腸の中に消化された食べ物が長時間留まり、ガスが発生しやすくなります。これが生理前の便秘とおならの原因です。

 生理後におならが増えるわけ

生理が終わると、プロゲステロンは減少し代謝機能が活発になっていきます。すると腸管の動きが活発になり、食べカスや溜まったガスが押し出されていきます。

これが、生理後におならが増える原因です。

 生理前・生理後のおならや臭いの解消法

生理が近づいてきたら・・・

  • 食べ物はいつもよりゆっくり食べましょう
  • 炭酸飲料は控えましょう
  • 肉類より野菜類を多く食べましょう
  • ニラやにんにく、玉ねぎは控えましょう
  • ヤクルトやヨーグルトなど乳酸飲料を多くとりましょう
  • お腹を温めて腸管の動きを助けましょう

まとめ

腸内環境を整えることが、生理戦後のおならを減らす秘訣です。

手軽に乳酸菌を増やすならこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です