アスミールの真の力はアルギニンと3種類のカルシウムにあり!背を伸ばしたいならこれで決まり!

大人気!アルギニン配合のアスミール

子供に大人気のアスミール。成長ホルモンを増やすアルギニンと人気の秘密について紹介します。

背が低いのはなぜ?

多くのお父さん、お母さんが子供の身長で悩んでいます。

生まれた月や個人差があるため、同級生と比べても差があるのはあたりまえですが、やっぱり心配ですよね。

背の高さには、遺伝だけでなく、睡眠運動十分な栄養が大きく関係しているといわれています。

なかなか背が伸びなくて悩んでいるなら、原因を考えてみましょう。

背が低いのは遺伝のせい?

身長は、子供自身だけでなく親にとっても悩みの種です。

自分の背が低いから、子供も背が伸びないんじゃないか?そう思って心配していませんか?

確かに身長が遺伝が関係するのは確かです。しかし、最近の研究ではその割合は約20%といわれています。

残りの80%は、普段の生活習慣が大きく関係しているのです。

しっかり睡眠をとってますか?

最近は、夜遅くまで塾に行ったり、ゲームやTVを見たりして夜更かしする子供が増えています。

睡眠は疲れをとるだけではありません。体を成長させる成長ホルモンの分泌に大きく関係しています。

成長期に入ると下垂体から成長ホルモンがたくさん分泌されますが、特に多くでるのは睡眠中です。全体の70%を占めています。

その中でも夜の10時~12時はもっとも多く分泌されるゴールデンタイムです。夜更かしをしているとこの貴重な時間を逃してしまいます。

ゴールデンタイム以外でも睡眠中は日中に比べてはるかに多くに成長ホルモンがでていますので、しっかりと睡眠時間をとることが大切です。

睡眠の質も大切

必要な睡眠時間は年齢によって多少違います。

背が伸びる時期である成長期では、

  • 7~12歳では10~12時間
  • 13~18歳では8~9時間

必要といわれています。
でも、時間だけ十分であればいいわけではありません。実は睡眠の質もかなり重要です。

体内にはメラトニンという物質があります。メラトニンは夜になると分泌が多くなり、眠るための準備をはじめます。

例えば、脈や血圧を下げ、体温を調節します。そうすることで、睡眠中の自律神経の働きを抑えて深い眠りに導いてくれます。

ゴールデンタイムの深い眠りは、成長ホルモンの分泌をより活発にしてくれます。

メラトニンは、体内のリズムにしたがって夜になるほど分泌が増えて生きますが、光の刺激があると分泌が減少します。

寝る前には部屋を薄暗くして、スマートホンやTVなどを見るのは止めましょう。

また、生活のリズムが不規則だと出にくくなりますので、寝る時間、起きる時間は一定にすることが大切です。

成長に必要な栄養は足りてる?

最近の子供達は偏食しがちです。好きなものしか食べなかったり、お菓子ばかり食べてしまい頭を悩ませているお母さんも多いのではないでしょうか?

成長期の子供は、日々すごい速さで成長しています。特に骨格は、ぐんぐん大きくなります。そのため、骨の材料となるカルシウムはどんどん消費されていきます。

農林水産省が推奨するカルシウム摂取の目標量は、成人では600~800mgなのに対し成長期の子供では800~1000mgとなっています。

これは子供の方が成長のためにカルシウムを多く消費するからです。このことからも、成長期の子供にとってカルシウムは非常に大切だということがわかります。

カルシウムは、骨を作る成分であるハイドロキシアパタイトの原料です。そのためカルシウムが不足していると、成長期の成長が遅くなってしまいます。

男の子成長曲線女の子成長曲線
出典:スクスクのっぽくん

現代人は慢性的なカルシウム不足

2015y10m16d_175329197

西洋化した食事の影響もあり、食事でカルシウムを十分にとるのは難しくなってきています。

そのため子供、大人ともに慢性的にカルシウムが不足する傾向にあります。

 

手軽にカルシウムをとるには・・・

昔から子供達のカルシウムの定番といえば「牛乳」です。

スーパーなどで手軽に買えるため多くの子供達が飲んでいます。

でも牛乳でカルシウムを十分にとるのは大変です。

牛乳100mlには110gのカルシウムが含まれていますが、不足したカルシウムを補うためにはかなりの量の牛乳を毎日飲む必要があります。

牛乳でお腹いっぱいになってしまうと肝心の食事を食べきることができなくなります。

また牛乳が苦手だったり、体質的に牛乳でお腹がゴロゴロしてしまう場合は十分な量が飲めません。

そんなときは、「アスミール」などの栄養補助食品を利用が便利です。

アスミールの特徴

アスミールは株式会社イッティが販売している栄養機能食品です。

吸収しやすい3種類カルシウムの他に亜鉛やアルギニンなどの成長に欠かせない成分を配合しているのが特徴です。

製品を紹介します。



アスミールは、粉末状になっています。牛乳と混ぜて飲みます。

目安としては牛乳100mlにアスミール6mgを溶かします。※180g入りなので、約30杯分(1ヶ月分)です。

アスミール

牛乳が苦手な場合でもおいしく飲めるように、甘くておいしいココア味になっています。

この一杯で、一日のカルシウム所要量の86%が補えます

さらにアスミールには、他にはない特徴があります。

アスミールだけの特徴

一日に必要なカルシウムをしっかりとっていても、背がなかなか伸びないのであればうまく体に吸収できていないのかもしれません。

また吸収できていても、骨の成長に使われていない可能性があります。

アスミールはその点も考えられています。

3種類のカルシウム配合を配合

アスミールには、3種類のカルシウムが含まれています。

ドロマイトカルシム

珊瑚からとれるカルシウムです。体がカルシウムを吸収するときに必ず必要なマグネシウムを豊富に含んでいます。食品からのカルシウムの吸収が弱い体質を改善してくれます。

魚骨焼成カルシウム

高温で加熱殺菌した魚の骨由来のカルシウムです。

胡麻ミネラルカルシウム

胡麻由来のカルシウムです。胡麻に多く含まれ、カルシウムの吸収を妨げる「リン」を取り除く処理がしてあります。

由来の異なるカルシウムだからしっかり吸収できる

魚骨、ごま、サンゴなど素材の異なるカルシウムが配合されているため、お互いに作用して腸への吸収を高めてくれます。

吸収を高める栄養素がたっぷり

カルシウムだけをたくさん摂っても体に吸収されなければ意味がありません。
アスミールならカルシウムの吸収を助ける成分がたっぷり配合されています。

カルシウムが体に吸収されるには、必ずマグネシウムが必要です。
アスミールの3種類のカルシウムには十分な量のマグネシウムが配合されています

 カルシウムの吸収を助ける成分も配合

CPP配合

rincalpng
吸収されたカルシウムは、リンと結合して最終的に骨に吸収されて使われます。

しかし、吸収される前に小腸内でリンと結合してしまうと、うまく吸収されません。

アスミールに含まれる、カゼインホスホペプチド(CPC)は、先にカルシウムと結合することでリンとの結合を妨げて小腸からのカルシウムの吸収を増やします。

ビタミンD

ビタミンDは、体内のカルシウムの吸収をコントロールしている大切な成分です。

不足すると、カルシウムの吸収が少なくなったり、骨からカルシウムが抜けやすくなります。

ビタミンDを多く含む食品は限られているためカルシウムと共に不足しやすい傾向にあります。

その点アスミールなら、たった1杯で1日必要量の75%のビタミンDを摂取することができます。

粘膜、免疫を高める亜鉛

アスミールに含まれる亜鉛は、粘膜を強くすると共に成長ホルモンの材料であるタンパク質の合成を助けてくれます。

また、免疫系の強化にもつながるため成長期には欠かせない成分です。

プラセンタ

アスミールに含まれるプラセンタは、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでおり筋力の強化をサポートします。

DHA

DHAは、記憶や学習能力を高めるといわれる成分です。魚に多く含まれていますが、最近は魚を食べることも少ないため不足しがちな成分のひとつです。

アスミールならを魚嫌いのお子さんでもおいしくDHAを摂取できます。

その他にもビタミンをはじめ多くの栄養素を配合

アスミールにはカルシウム以外にもたくさんの栄養素が含まれています。

2015y10m16d_183532450

たった一杯のアスミールで、一日に必要な栄養素のうちこれだけを補うことができます。

身長はもちろんのこと、学習や免疫にも良い成分がたっぷり配合されています。

成長を加速する成長ホルモン

さて、カルシウムはじめ成長に必要な栄養素をしっかり吸収した後は、それを使って骨を作っていくだけです。

その指令を出すのが成長ホルモンです。

毎日しっかりカルシウムをとっても成長期に十分な成長ホルモンが分泌されないと、体が大きくなりません。

成長の鍵はアルギニン!

アルギニンは、アスミール最大の特徴です。

アスミールに含まれるアルギニン成長ホルモンの分泌を強力に増やします。

それに加えて記憶力の強化や骨の強化につながる大切な成分です。医療用にも利用されている有益な成分です。

単なるカルシウムの補給だけではなく、成長を促すことができます。

 

アルギニンの効果

過去にデンマークで行われた大規模調査では、6歳(日本では小学校一年生相当)の子供達に3年間アルギニンを飲ませた場合、飲まなかった子供達に比べて身長が高かったという結果が得られています。

アスミールは高い?類似品との違い

実はあまり変わらない・・価格の違い

アスミールと同じ栄養補助食品であるセノビックは価格の安さから人気があります。

しかし実際には、アスミールと価格差はほとんどありません。

ポイントは、セノビックは1ヶ月で2袋使うこと、そして一日2杯飲む必要があることです。

製品単体では、セノビックの方が安いですが、一緒に飲む牛乳のコストを考えると価格差はほとんどありません。

1ヶ月単位で考えると
セノビックは2袋で1ヶ月分なので1袋1296円×2=2592円(定期便の利用時)
一方アスミールは、1袋で1か月分なので、1袋分で3686円(定期便の利用時)です。
1ヶ月あたり約1500円アスミールの方が高くなります。

ここに牛乳のコストを加えてみます。

セノビックは

1日あたり300ml(150ml×2杯)の牛乳が必要です。1ヶ月では9Lの牛乳が必要です。牛乳1Lあたり200円とすると1800円の牛乳代が必要です。

それに対してアスミールは

1日あたり100mlの牛乳が必要です。1ヶ月では3Lの牛乳が必要です。牛乳1Lあたり200円とすると600円の牛乳代が必要です。

それぞれ合計を考えると

・セノビック 2160+1800=4392円
・アスミール 3686+600=4286円

となります。価格差はほとんどありません。

アルギニンやDHAなどカルシウム以外の栄養素も考えれば、アスミールの方が断然お得です。

成長期に入る前からアスミール飲み始めよう

骨の成長と骨端線

骨端線
骨端線は、成長期になると長骨と呼ばれる骨の両端に現れます。この部分は軟骨でできいて、骨がどんどん作られていきます。

この骨端線の働きを増加させるのが成長ホルモンです。そして、成長ホルモンのもととなるのが、アスミールに含まれるアルギニンとタンパク質です。

成長期は、男子より女子の方が早く訪れますが個人差があります。早い時期から、成長に必要な栄養を十分にとることが大切です。
http://gomalog.matrix.jp/gomalog/post-8222-8222

成長期に必要な栄養素が手軽にとれるアスミールを安く買うには?

子供の成長期は、男子で17~18歳、女子で15~16歳まで続くといわれています。だからこそ継続して飲むことが大切です。

そのためにも、少しでも安く買えるところを探しましょう。

アスミールは、amazonでは取り扱いがありません。楽天には公式店だけがありますが、キャンペーンを頻繁に行っている公式サイトが一番お得です。

アスミールは、毎回頼むよりも「定期便」方が安く手に入ります。

また一度申し込めば定期的に届きますので、長く飲むなら定期便がおすすめです。

2016y01m02d_140628934

背を伸ばすための栄養が1日約100円で手に入る!

2016y01m02d_140841270

アスミールなら骨の成長に欠かせない成分が1日たった100円で手に入ります。

詳しくはこちらから
アスミール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です