プロパンガス代が高いなら、エネピでガス会社を変更しよう。値下げ交渉より効果的です。

ガス代を制する者は、光熱費を制する。

毎月の水道、電気、ガスなどの光熱費は家計節約における大きなポイントです。
いかに減らすかが節約成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

しかし、生活に必要なものばかりですので使用量を減らすには限界があります。だから、ガス料金が安い会社に変えてしまいましょう。

光熱費の中で、もっとも節約できる可能性のあるのは、ガス代(プロパンガス,LPガス)です。

なぜなら、これだけが公共料金ではないからです。会社をしっかり選べば、大きな節約が可能です。

ガス料金の仕組みとガス会社の見直しを支援するエネピ(enepi)を紹介します

光熱費の料金の仕組み

光熱費の料金はこのように決められています。

水道料金:地方公共団体が決定する公共料金
電気料金:国会や政府が決定する公共料金
ガス料金(都市ガス):政府が認可する公共料金
ガス料金(プロパンガス):自由市場のため自由料金

このなかで、プロパンガスの料金だけが公共料金ではありません。

公共料金と自由料金の違い

公共料金は、国や政府、自治体が決めている公益性の高いものやサービスの料金のことです。
変更には国や地方自治体の許可が必要なため急激に変わることはありません

自由料金は、自由市場において自由に設定できる料金です。
価格の変動に関して規制する仕組みはありません

ガス料金の決まり方

一般家庭で使用するガスは、都市ガスプロパンガスに大別されます。

都市ガスは、政府の認可する公共料金でありその地域によって価格が決められています。
そのため、料金は公平に適正化価格で設定されています。

一方、プロパンガスは完全に自由市場です。

そのため販売する業者が自由に価格設定を行うことができ、またいつでも変更できます。

プロパンガスの基本料金が高いわけ

ガス料金は、月々使ったガスの料金のほかに、必ず払う基本料金というのがあります。設備の維持費や購入費として支払います。

都市ガスの場合、その住居や建物にガス設備を設置するとき、設備の費用はそのときに支払われます(大家さんが負担)。

一方、プロパンガスは設置にかかった費用を利用者が毎月負担をします(利用者が負担)。

そのため、都市ガスに比べて、基本料金が高い傾向にあります
※都市ガスが普及している地域でも、プロパンガスの方が建設時の初期費用が安くすむため、大家さんが好んで設置します。

プロパンガスの単価が高いわけ

一般的にプロパンガスの単価は都市ガスに比べて高く設定されています。地域によっては都市ガスの2~3倍になります。

プロパンガスは自由市場のため料金は自由に決めることができます。

販売業者の形態や規模はさまざまなため、利益を出すために値上げすることも少なくありません。

特に最近は、オール電化の普及もありガスの利用者自体が減っているため、販売業者も利益を出すために必死です。

しかし、最初から料金が高いと契約がとりづらいため最初は安く設定し、次第に高くしていく業者が増えています。
利用期間が長ければ長いほど値上げされる可能性が高くなります。

そのため同じアパートでもお隣さんと単価(料金)が全然違うということもありえるのです。

交渉で単価を下げることはできる?

いくら光熱費を減らそうと節約しても、ガスの単価がどんどん上がってしまっては意味がありません。

しかし、業者に料金の値下げをお願いするのは本当に大変です。
いくら粘って交渉しても、「適正価格です」と言い張って軽くあしらわれてしまいます。

運良く値下げに応じてくれても、いつまた値上げをするかわかりません。

立場の弱い利用者が、効果的な交渉をするのは、ほぼ無理といっていいでしょう。

プロに頼んでガス会社を変えるのが一番の近道

プロパンガス市場は、利用者が弱い立場にあります。

今の会社に値下げの交渉するよりもエネピに優良ガス会社を探してもらいましょう。

エネピ(enepi)の特徴

エネピは以下のようにあなたをサポートしてくれます。

  • 依頼を出すとあなたの地域の優良店を複数紹介します。
  • 条件にあう希望の会社があったらエネピの連絡します。
  • エネピと打ち合わせをします。
  • 現在のガス会社への連絡、新しいガス会社への変更手続き、工事などすべて無料で代行します。
  • 工事や手数料などはすべて負担します。

やはり注目するべきは、すべて無料でやってくれる点です。

リスクゼロで、大きな節約の可能性がある!

エネピでガス会社を変更すれば、これから毎月ずっと払い続けるガス代を大きく節約できます。

エネピの詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です